染色作品の収納方法

先日お友達にどのように作品を保管しているのかと聞かれまして染色作品の収納方法はこの様な感じです。

まずプリントが終わった布地は布地屋さんの様に筒に巻くか畳んで引き出しに入れてあります。
そして作品を作ったらクリアケースに入れて、精鋭部隊、在庫部隊、大型イベント部隊、その他待機と8ケースぐらいに入ってます。
野外イベントですとかなり作品に湿気を含んでいるのでケースに除湿剤を入れてあります。
2ケースはいつでも出動できる選ばれし精鋭部隊。グルグル班、パンダ班、にゃんこ班、その他をミックスしてイベントへ出動。
最近はパンダ班、にゃんこ班と個別に出動する機会が増えてきました。
精鋭部隊ケースには備品やパネルなども一緒に入ってます。
なぜなら忘れるから使うもの全部入りです。
移動はこちらビッグスーツケース。
黒いスーツケースは主に配送用。
25〜30キロぐらいの重さがありタイヤがほぼ壊れておりますが、台車等を持って行くのも大変なのでスーツケースはとても便利です。
ピンクのスーツケースは持ち運び用こちらも25キロぐらいを入れて出動します。
スーツケースはタイヤが命、やはり値段がちょっと上がるだけで全然動きが違います。
スーツケースのタイヤは3年ぐらいでダメになりますね。タイヤじゃなくタイヤのゴムだけ欲しいです(笑)
ゴムさえかえれば使えると思うのだが・・・。
あとはがま口をスーツケースに入れてしまうと潰れてしまうので大きなバッグに入れパネルのどスーツケースに入らない時はリュックに入れていざ出陣!
写真がちょっと暗いですが畳んである制作待ちの布。
出番まちストック部隊の風呂敷、ミニ風呂敷、手拭い達。
スーツケース、イベント出動時。