生地を煮る(湯通し)のは色はつかないけれど染色をしている気分!

手拭い生地はいつも染料店で精錬済み(染めやすいように糊ぬきなどをして洗ってある生地)を買うのですが、今回は別の案件で急遽必要で買ってきました。

これが白無地マスク用になるとは買った時には全く思っていなかったです!

染料店ですと長さ一疋(23m)ですが今回買った晒は10mで我が家て煮る(湯通し)事が出来ました。

晒は水通しや湯通しするとかなり縮むので出来れば切りたくないです。

裏側のオーガニックコットンガーゼや晒を煮る(湯通し)と、とても落ち着く、そして本当に楽しい。

なぜ煮るのが楽しいのか考えてみたら、色はつかないけれど染色をしている気分なのかなぁ〜と。

やっぱり染色はやめられない!

ずっと煮ていたいが出さないと、乾かさないと縫えません()

縫って縫って縫って縫って、落ち着いたお家で染色できる準備をします!

イベント出展

4/5 ニャンフェス10 リターンズ

中止になりました。

https://nyanfes.com/blog/?s=heureux

4/11.12 デザインフェスタVOL.51

中止になりました。

https://designfesta.com/news/

5月コミックマーケット98

中止になりました。

エピリリさんにて委託販売中

東急線新丸子駅(神奈川県川崎市)

https://epilyri.com/

Heureuxウールーサイト

https://heureux6.com/

HeureuxCreema でマスク、ミニ手拭いなど販売中

https://www.creema.jp/c/heureux6/item/onsale

youtube

https://www.youtube.com/user/skcaesar

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です